首都圏の生活情報紙『暮らすめいと』

「ゆとりある生活を『暮らすめいと』とともに」
 東京新聞読者に届ける首都圏の生活情報紙

『暮らすめいと』は首都圏で暮らすシニア世代に送る生活情報紙です。街の風物詩、旅行案内、健康ガイド、料理レシピ、芸能情報…。日々の生活に役立つ情報を読み応えのある記事にして発信。セカンドライフを楽しむシニアたちを応援します。

暮らすめいと 第100号 (2017年2月号)

暮らすめいと 第100号 (2017年2月号)

特集:地域再生「東日本大震災から6年― 福島現地ルポ “常磐もの”復活へ高まる期待」

 東日本大震災からはや6年―。昨年11月22日には福島県でマグニチュード7の余震があり、福島・宮城両県の太平洋沿岸に津波警報が出されるなど、いぜん被災地の人たちの不安は払拭されていない。しかし、復興への動きは確実に加速している。震災と原発事故のダブルパンチに見舞われた福島県相馬市では、壊滅的な被害から立ち直り、漁業再生の拠点となる相馬原釜地方卸売市場が完成。地道に安全性をアピールすることで、震災前は〝常磐もの〟と呼ばれ高い評価を得ていた海の幸ブランドの復活をめざしている。     (内海 達志)            ※平成28年9月21日取材

読者プレゼント応募フォームはこちら

暮らすめいと2017年2月号の表紙を見る


コーナーの紹介(一部)

特集
特集
「地域貢献」や「快適住宅」など、
ひとつのテーマを深く掘り下げます。
悠遊 鉄道の旅
鉄道で行く悠々の旅
記者が現地に足を運び名所や温泉、名産品を紹介します。
この人と1時間
この人と1時間
料理、映画、文学など「カルチャー一面」の一問一答インタビュー。
健康クッキング
健康クッキング
おいしくて簡単な料理レシピを紹介しています。
脳トレひろば
脳トレひろば
「パズル」や「漢字テスト」で頭のトレーニング。結構、難問ですよ。
名水紀行
名水紀行
首都圏の水辺の風景を旅情たっぷりにスケッチします。

読者の声

読者の声
  • 悠々の旅で、おいしいどころ、温泉、土産とポイントを紹介し、ちゃんと価格が記載されていてよかった。
    (府中市・30代・女性)。
  • 全面カラーで特に写真がきれいでとてもよかったです。
    (横浜市・50代・男性)
  • 暮らすめいとでの情報、アドバイスなどは本当に良い薬になります
    ( 千葉県・50代・女性)