環境情報紙『Risa(リサ)

「名古屋をもっとエコな街に!」未来のため、今、私たちに何ができるのかを
読者と一緒に考える環境情報紙。

1999年6月の創刊以来、時にはまじめに時には楽しく、エコな話題をいろいろと伝えてきたリサ。
「ごみは元から減らすことが大切」といった、環境のことが身近に感じられる情報を発信し続けます。

Risa(リサ)  vol.210(2016年11月号)

Risa(リサ)  vol.210(2016年11月号)

特集 人と食と自然のかけはし 割りばし

 最近、割りばしを使いましたか? プラスチックへの切り替えや「マイはしブーム」で、かつてよりは見かけなくなってしまった木の割りばし。しかしここに来て、丁寧につくった国産の割りばしを見直す動きもあります。一方で、外国産は薬品漬けで危ない!なんて情報も。いったい、割りばしは環境にいいのか悪いのか、安全なのか、そうではないのか、考えてみましょう。

Risa2016年11月号をデジタルブックで読む