環境情報紙『Risa(リサ)

「名古屋をもっとエコな街に!」未来のため、今、私たちに何ができるのかを
読者と一緒に考える環境情報紙。

1999年6月の創刊以来、時にはまじめに時には楽しく、エコな話題をいろいろと伝えてきたリサ。
「ごみは元から減らすことが大切」といった、環境のことが身近に感じられる情報を発信し続けます。

Risa(リサ)  vol.229(2018年6月号)

Risa(リサ)  vol.229(2018年6月号)

特集「いきもの非常事態」

 身近な「いきもの」の異変が伝わってきます。名古屋港には毒針をもった南米のアリが入り込み、東山の池では「ワニ」のような大魚が捕獲されました。一方で「なごやめし」の素材にもなるニホンウナギは絶滅危惧種に指定されています。今、私たちの周りでは何が起こっていて、どうしたらいいのでしょうか。いきものたちの発する「非常事態」のメッセージから読み取ってみましょう。

Risa2018年6月号をデジタルブックで読む